This post is also available in: 英語 フランス語 ドイツ語 イタリア語 ポルトガル語(ブラジル) スペイン語

Eyal Arazi

48 投稿0 コメント
Eyal is a Product Marketing Manager in Radware’s security group, responsible for the company’s line of cloud security products, including Cloud WAF, Cloud DDoS, and Cloud Workload Protection Service. Eyal has extensive background in security, having served in the Israel Defense Force (IDF) at an elite technological unit. Prior to joining Radware, Eyal worked in Product Management and Marketing roles at a number of companies in the enterprise computing and security space, both on the small scale startup side, as well as large-scale corporate end, affording him a wide view of the industry. Eyal holds a BA in Management from the Interdisciplinary Center (IDC) Herzliya and a MBA from the UCLA Anderson School of Management.

オンデマンドか、常時接続か、それともハイブリッドか ― 使用環境に応じて選びたい方式

年末が近づいてきました。今年を振り返ってみますと、2020年は記録的なDDoSの1年でした。この12か月の間に、過去最大のDDoS攻撃や世界中で金融サービス業を標的にしたDDoSによるランサムウェア作戦、ゲーミングサービスを狙った大規模攻撃が発生しました。そして、COVID-19も忘れてはいけません。悪意のある攻撃者は、新型コロナウイルスが引き起こした危機にも付け入っています。 DDoS攻撃の規模が大きくなり、巧妙になるにつれて、このような脅威から自社を守る方法を模索する組織が出始め、当然の成り行きとしてDDoS対策に対する関心が高まってきています。 ところが、各種のDDoS対策を比較検討し始めた企業の多くがすぐに気付いたのは、オンデマンド型クラウドサービス、常時接続型クラウドサービス、オンプレミスアプライアンス、ハイブリッド型など、DDoS対策にはさまざまな方式があって、どれが自社に最適かを考えなければならないという点です。 そして、その答えは一言で言ってしまうと、「ケースバイケース」です。 使用環境によって異なる最適な導入方式 まず理解しておいていただきたいのは、DDoS対策に「もっとも優れた方式」というものは存在しないということです。これはとても大切な点です。むしろ、各種の導入方式にそれぞれ長所と短所がありますので、どれが最適かは企業によってケースバイケースです。

Forrester 社は Radware を DDoS ソリューションリーダに選出

サイバー攻撃の規模や巧妙さが増し続ける中、DDoS 対策はかつてないほど重要になっています。過去 12 ヶ月間に、史上最大規模の DDoS 攻撃(ビット/秒)、史上最大レートの DDoS 攻撃(パケット/秒)、さらに金融機関、ゲームプロバイダー、ヘルスケアプロバイダーなどに攻撃を絞ったグローバルキャンペーンが行われました。 これらの脅威に対して、Radware では、業界をリードする DDoS ソリューションやテクノロジーを用いて、企業活動を止めず、オンラインを維持できるようにサポートしています。 Radware...