This post is also available in: 英語 イタリア語 ポルトガル語(ブラジル) スペイン語

Prakash Sinha

53 投稿0 コメント
Prakash Sinha is a technology executive and evangelist for Radware and brings over 29 years of experience in strategy, product management, product marketing and engineering. Prakash has been a part of executive teams of four software and network infrastructure startups, all of which were acquired. Before Radware, Prakash led product management for Citrix NetScaler and was instrumental in introducing multi-tenant and virtualized NetScaler product lines to market. Prior to Citrix, Prakash held leadership positions in architecture, engineering, and product management at leading technology companies such as Cisco, Informatica, and Tandem Computers. Prakash holds a Bachelor in Electrical Engineering from BIT, Mesra and an MBA from Haas School of Business at UC Berkeley.

パブリッククラウドが再びダウン? 2021年の予測

昨年、クラウドの可用性の問題の終焉したはずだった。結局のところ、障害が発生してもアプリケーションを利用可能な状態に保つための信頼性と十分な処理能力を持つことは、クラウドへの移行やクラウドでアプリケーションをネイティブに開発することの大きなメリットの1つです。 しかし、答えは違いました。今年のAWSの停止は、かつて見たことのないような現象で、RokuやVonage、Adobe、Washington Post、Flickr、Autodeskなどの多くのサービスに8時間以上の影響が出ました。このようなサービスの中断は、顧客体験の低下につながることが多く、攻撃者やハッカーはこのことを知っており、幅広いテクニックを駆使して被害をもたらしています。今回の停止でクラウドへの移行は遅れはしないでしょう。しかし、企業は、今後1つのベンダーのカゴにすべてのコンピューティングの卵を入れてしまうことに対して、より積極的にヘッジをかけるようになるでしょう。 2021年の私の予測は以下の通りです。 クラウドへの継続的な移行 企業は、プライマリ・クラウド・プロバイダーの停止を回避するために、マルチベンダーやマルチクラウドのオプションを選択することになるでしょう。 収益に影響を与えるビジネス・アプリケーションは複数のプロバイダーにまたがってホストされるようになり、企業はサービス・レベル・アグリーメントを必要とし  高可用性の高いソリューションを要求するようになります。